債務整理をしたことが会社に伝わるのではないかと心配して、なかなか債務整理でお金の借入を清算できないという話を聴きますが、個人的に行った債務整理が会社にバレることは、ほぼありえません。

任意整理を行ったのだったら、絶対にバレないでしょう。

では、個人再生や自己破産はどうなのかと言うと、こちらも依頼した弁護士や司法書士と相談し、手続きに不備がなければ、会社に知られることなく債務整理を終わらせられます。むしろ債務を整理をせずにいる方が、思わぬキッカケで会社に伝わってしまう可能性が高いといえます。誤解している方が多いので説明しますが、自己破産をすると、申立日から免責の決定日までには資格を停止されたり、一部の職種に就くことが制限されます。 保険募集員、不動産屋(宅建取引主任者)、質屋、警備員など職業は多岐にわたります。

もし自分がその職種に該当する場合、裁判所に自己破産の申したてを行った時から自己破産の手続きが完了するまでは就労できないのです。

時間的には数ヶ月といっ立ところでしょう。債務整理でも個人再生や任意整理の場合は、資格や職業の制限はありませんから、自己破産ならではの特徴といえます。債務整理の中でも、裁判所をとおす破産や個人再生をしたのなら、名前と住所が官報に載ります。 官報は国の発行している新聞のようなもののことで、自己破産の場合だと二度、個人再生をしたのなら、合計で三度、官報に公告されることになります。

公告期間は1ヶ月あるのですが、身近なものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。任意整理をしたケースではそもそも裁判をしないので、官報には載りません。

借金が返せなくなった場合に、お金が返せない人は、弁護士をとおして債権者と一緒に話して月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。

このような任意整理がおこなわますが、その場合に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。

銀行にお金が残っている場合は債権者に、返済金額の一部として取られてしまうので、任意整理がおこなわれる前に、引き出しておいてください。

借金払えないです